オープンストリーム、業務システム専用プラットフォーム「Biz/Browser」 を アジアで販売開始 ~アジアに進出する日系企業に向けて提供~

株式会社オープンストリーム(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:吉原 和彦 以下、オープンストリーム)は、豆蔵ホールディングスグループ会社である PT JMT Indonesia(インドネシア ジャカルタ 代表取締役社長:村田 哲也)と連携し、アジアに進出する日系企業に向け、業務システム専用プラットフォーム「Biz/Browser(ビズブラウザ)」の販売活動を本日より共同で展開致します。

Biz/Browserは1999年にデスクトップPC向けの業務システムのWeb化による、操作性やレスポンスの改善を図る製品としてリリースし、以来、ユーザ様のご要望とともに進化を続け、ハンディターミナル、スマートデバイスと利用範囲を拡充。これまで累計で国内1,400社を超える企業様への導入実績があります(2015年5月末現在)。

海外市場の拡大に伴いアジアへの生産シフトが進む日系企業のアジア進出はますます加速しています。一方でアジアでの現地業務システム導入や運用には、品質確保やコスト最適化、セキュリティリスクへの対応、IT人材確保など、様々な課題があります。従来のクライアント・サーバー環境で動作する基幹業務システムは、パソコン(端末)やWindows等の基本ソフト(Operating System)に過度に依存したシステムであることが多く、パソコンの買い替えやWindowsのバージョンアップなどに対応できないため、業務システムの操作性やスピード、開発効率など多くのものが犠牲になってしまいます。Biz/Browser最新版は、従来のシステムの主要部分に手を加えることなく、パソコン、タブレット、ハンディターミナルとさまざまなOSに対応するWebシステムの共通プラットフォームとして環境の差異を吸収し、安定、安全、安心の業務システム基盤を提供します。Biz/Browserの利用によりシステムの変更箇所を最小化し、開発コストを低減するだけでなく、操作性及び閲覧性を向上することができ、そのような提案によりお客様企業の業務改善に貢献しております。

なお、本製品のアジア地域への展開につきましては、PT JMT Indonesiaを中心に販売・サポートを行なってまいります。

オープンストリームでは、製品、ソリューションなどを通じて、お客様企業様の業務システム活用促進とそれによる企業の事業拡大・業務改革に貢献してまいります。

【Biz/Browserの特長】

「Biz/Browser」は1999年にデスクトップPC向けの業務システムのWeb化による、操作性やレスポンスの改善を図る製品としてリリースされました。以来、ユーザ様のご要望とともに進化を続けており、国内1,400社を超えるお客様への導入実績がございます。その特長は以下の5点です。

1. 画面はBiz/Browser、サーバ側は既存の技術・資産を活用

point_02.gif

2. 画面とデータの分離:通信の無駄を削減して高速化

point_03.gif

3. マルチデバイスプラットフォーム

point_07.gif

4. 同じコストなら、より高い効果を

point_05.gif

5. 長期安定稼動を支えてきた実績

point_06.gif

【Biz/Browser 製品Webサイト】
http://biz-browser.jp/

【PT JMT Indonesiaについて】
社名:PT JMT Indonesia
本社:Sovereign Plaza 6th Floor, Jl.TB Simatupang Kav.36,Jakarta
設立:2012年3月
資本金:300,000USD(約23百万円)
代表者:代表取締役社長 村田 哲也
URL:http://id.jmtech.co.jp

【株式会社オープンストリームについて】
社名:株式会社オープンストリーム
本社:〒163-0709 東京都新宿区西新宿2丁目7番1号 小田急第一生命ビル9階
設立:2000年1月
資本金:2億6,260万円
代表者:代表取締役社長 吉原 和彦
URL:http://www.opst.co.jp/

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
株式会社オープンストリーム
TEL:03-4589-8911 FAX:03-4589-8901
E-mail:product-info@opst.co.jp

※記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本ドキュメントの掲載内容は発表時の内容です。